足のむくみは○○が効果的!

みなさん、こんにちは!

 

 

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です😊

 

 

 

足のむくみやだるさにお悩みではありませんか?

足にむくみがあると

足がパンパンになってしまい、靴やブーツがきつくなってしまう。

靴下の痕がくっきりとつく、足のだるさがあるといったことが起きます。

 

足のむくみの原因

・運動不足

・塩分の摂り過ぎ

・冷たい飲み物を飲んでいる

・冷房などで足が冷える

・生理によるむくみ

このような事が原因で足がむくみやすくなります。

 

 

なぜ、運動不足だとむくみやすくなる?

足には心臓のように血液を押し出してくれるポンプがありません。

その代わり、静脈に弁がついており、血液が逆流しないようになっています。

また、ふくらはぎの筋肉が心臓のポンプの役割をします。

なので、お仕事などで座りっぱなし、立ちっぱなしという方は足の筋肉を使うことが少なく足はむくみやすくなります。

また、運動不足によってリンパの流れも悪くなることで老廃物が溜まりやすくなり足がむくみます。

 

むくみと冷えの関係は?

女性ホルモンのバランスが崩れると体温調整をしている自律神経に影響が出ます。

体温調節が上手くいかずに冷え性になりやすくなります。

 

そのため生理前や生理中、更年期などホルモンバランスが変化する時期は、冷え性になる女性が多くみられます。

 

また、女性は筋肉量が男性に比べると少なく、筋肉を動かすことで熱を作り出していますが

運動不足によって筋肉から熱が作られず冷え性になりやすくなります。

 

むくみは体の中に余計な水分をため込んでいる状態です。

通常なら水分は血管やリンパ管を通り、全身を巡ります。

冷え性の人は血の巡りが悪くなっていることにより、

水分も巡回しにくくなり、むくみやすくなります。

 

むくみと生理の関係は?

生理前や生理中は、一時的に体内の血液量が減ってしまうため、どうしても冷えやすくなります。また、女性は子宮や卵巣に血液が滞りやすく、生理痛が酷かったり冷えが強い方はお腹や腰などを温めることが大事です。

特に夏場は冷たい飲み物を飲むことで冷えが直接子宮に届きやすくなり、もともと冷え性の方はより身体が冷えやすくなるので注意をしましょう。

冷えが強くなることで血流が悪くなり、身体の水分の流れも悪くなり溜まりやすくなってしまいむくみも強くなります。

 

むくみや冷えには鍼灸がおすすめ!

 

日常的に運動取り入れ、冷えないようにしていてもむくむという方は

鍼灸がおすすめです。

 

鍼やお灸で刺激をすることでお身体の代謝を良くし、

老廃物を外に出しやすくし足のむくみを解消致します。

お身体の循環が良くなることで、身体全体に熱が伝わり冷え性も改善していきます。

また、ホルモンバランスを整え、生理前、生理中のむくみを改善します。

 

 

むくみに効果のあるツボ

・水分 お腹のデトックスに効果のあるツボです。

 おへその親指一本上にあります。

 

むくみのお悩みがございましたら、ご相談ください。

 

 

 

ネットからのご予約はこちらから!

ご予約ページ

 

LINEからもご予約いただけます!

https://lin.ee/47B7dvb

まずはこちらからお友達登録をしていただき、

①お名前②症状③希望日(時間帯)を書いて送るだけ!

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

 

交通事故治療のことなら当院へ!

詳しくは交通事故専門HPをご覧いただき、当院までご連絡ください!

横浜相模原八王子でむちうち等の交通事故治療を得意とする整骨院

 

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院

☎042-772-4649