筋肉を冷やす時と温める時

こんにちは! まごころ鍼灸整骨院西橋本院です(^o^)丿 今日は筋肉を冷やすべき時と温めるべき時についてお話します。

筋肉を冷やした時の効果

筋肉を冷やした時に得られる効果は、炎症の抑制、血流量の減少、代謝の減少などの効果があります。 血流量を減少させて、患部の内出血・浸出液を抑えて腫脹・内出血を最小限の抑えることができます。 新陳代謝が低下し損傷部位の細胞壊死を抑えたり、疼痛物質の生成を抑制します。 冷やすことで痛めた患部の悪化を防いでくれます。

筋肉を温めた時の効果

温めることで得られる効果は、血流量の促進などの効果があります。 血行の流れが良くなることで、筋肉が緩みます。また、損傷部に血液がたくさん流れてくるため損傷の回復を促 進してくれます。

どんな時に冷やすのか?どんな時に温めるのか?

まず痛みの出て原因をしっかり把握することが大事です。 足首を捻ったり、重い物をもったり、なにかしら身体を動かした後に痛みが出た時は冷やしましょう。 筋肉や関節が炎症を起こしている状態なので冷やすことで炎症を抑えられます。 また、痛めたっきっかけがないのに痛みがあるときは、筋肉が緊張してしまっている可能性があるので、この時は温めて血流の流れを良くしましょう。 次に痛みの強さを参考にして冷やすか温めるかを考えることができます。 痛みの感じ方には個人差があるので、痛みのある患部を動かすことができるかできないかで判断しましょう。 痛みの出ている場所が動かすことができないくらい痛みがあるなら冷やしてあげましょう。 また、痛みはあるけど日常生活に支障は出ないような状態であれば温めてあげましょう。 最後に患部が腫れているかどうかで判断をします。 痛みの出ている患部が腫れている時は冷やしてあげます。腰ではあまりないですが、足首や手首などが腫れている時は炎症が起きているので冷やしてことで炎症を抑えられます。 また、腫れてから3~4日経過している時は、炎症期が過ぎている可能性があるので温めてあげましょう。 もし迷う時があれば、まずは冷やしてあげましょう。 冷やすことで硬くなった筋肉が傷ついたり、痛んだりすることはありません。しかし炎症している状態を温めてしまうと、血流が良くなり腫れている患部に血液が流れてしまい腫れが増し、痛みが強くなってしまいますので、どっちか迷った時は冷やした方が筋肉に対するリスクは低くなりますので、まずは冷やして様子を見てあげましょう!   電話が苦手という方は… LINEからもご予約いただけます! https://lin.ee/47B7dvb まずはお友達登録をしていただき、 ①お名前②症状③希望日(時間帯)を書いて送るだけ! その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。 ↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓ https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/ ↓QRコードはこちらから↓ まごころ鍼灸整骨院 西橋本院  

電話予約はこちらから