産後に骨盤矯正は必要なのか

  こんにちは! まごころ鍼灸整骨院西橋本院です(^^)   この大変な時期に出産を控えている方もいると思います。 そこで今回は産後の骨盤矯正の必要性についてお話します!   これから出産される方は是非参考にしてみてください。 まずは、産後の身体で起きやすい症状をご説明します。

産後の身体で起きやすい症状

産後、骨盤は開きや妊娠中の筋力低下が原因で様々症状が身体に現れます。 主な症状としては
  • 腰痛
  • 肩こり、腕の痛み
  • 股関節の痛み
  • 膝の痛み
  • 頭痛
  • むくみ、冷え
等の症状が起こってきます。 土台となる骨盤が不安定になることで、背骨にも影響が現れます。 元々の足の歪みの影響が不安定な骨盤をさらに緩ませることもあります。 更に、骨盤・背骨が歪んでしまうと「ホルモンバランス」「自律神経」も乱てしまいます。

美容面からみる身体の変化

骨盤が歪むと身体の見た目にも、影響が出てきます。 まず、出産をすると骨盤が開いてしまうのですが、開くことによって股関節が歪み 足の骨(大腿骨)にも影響しO脚・X脚になる可能性があります。 更に骨盤下部が閉じないことによって、お尻・下半身太りにも影響し、前方の広がった空間に脂肪がたまり ポッコリお腹の原因にもなります。 左右に骨盤が傾くことによってウエストもなくなる事も・・・ 以上のような歪みが原因で内蔵の働きも低下し、代謝が下がる・便秘になるといった症状も現れかねません。 骨盤下部を閉じる矯正を行い、正しい位置で骨盤を固めることが重要なのです。

産後のホルモンの重要性

当院の産後骨盤矯正では、お灸もプラスして行っていきます。 理由としては、産後にホルモンバランスが急激に変化することによって 自律神経が乱れてしまうためです。 自律神経が乱れると、イライラしたり、肌荒れになったりと様々な症状が現れます。 骨盤が開いてしまう原因の1つも、このホルモンが関係しています。 出産直後になると女性ホルモンの分泌が極端に減少し、育児に必要なホルモン(母乳などを生成するホルモン)が分泌されます。 その中でも、「リラキシン」というホルモンが重要になってきます。 リラキシンは主に産道を広げるために働くホルモンです。このホルモンが働くことによって 恥骨の結合部分が溶かされ骨盤の下部が開いていきます。 関節を通常よりも大きく動くようにし産道を広げる為です。 通常の骨盤の歪みと違うのは、このリラキシンによって骨盤の下部が開いてしまう為なので 産後の適切なタイミングで骨盤矯正とお灸を組み合わせることによって骨盤を整え、 自律神経を整え、身体をより良い状態へ導くことができます。

産後の骨盤矯正はすぐに始めて問題ないのか

先ほど適切なタイミングと書きましたが、産後直後から骨盤矯正をすることは、好ましくありません。 産後の骨盤矯正は、産後一ヶ月後を目安に開始することができます。 もちろん、産後の体調の変化など個人差はありますので、検診の時に担当のお医者様に確認をした方 が良いです。 帝王切開の方は傷口が痛む場合がありますので、2ヶ月ほど開けて開始するのが望ましいです。       産後骨盤矯正の必要性についてご理解いただけましたでしょうか? 産後は身体の悩みだけでなく、精神的にも悩みが出てくると思います。 その他にも、ご不明な点がありましたらぜひ当院にご相談くださいね!       こちら限定で何かお得な情報を発信するかも⁉フォローよろしくお願いします‼   ↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓ https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/ ↓QRコードはこちらから↓ まごころ鍼灸整骨院 西橋本院 ☎042-772-4649  

電話予約はこちらから