姿勢が良くなり腰痛も出ない⁉一石二鳥の歩き方!

みなさん、こんにちは!   まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です(*^▽^*)       最近は歩いている時にスマホをいじっている「歩きスマホ」をしている人が多いですよね… 歩きスマホはただ危ないだけでなく、自分の身体にも大きな負担をかけてしまっています。   では、どんな歩き方が理想的か? 今日はそれを3つのポイントに分けて、紹介していきたいと思います!       ①足が着地した時に膝を伸ばす 良い歩き方をしている人は、足の裏が地面についている時に常に膝が伸びています。 姿勢が悪い人や腰痛がある人は、膝が曲がってしまいます。 このような歩き方を繰り返していると、 歩く時に大きな働きをしている太ももの筋肉(大腿四頭筋)が衰えて、 ますます膝が曲がってきてしまいます。 腰が曲がっているお年寄りの方をイメージしてもらえると分かりますが、 みなさん膝も曲がってしまっていますよね? なので、足の裏が地面についている時は、膝をしっかり伸ばすように意識しましょう!              【足の裏が地面についていたら、膝を伸ばす】     【太ももの筋肉が衰えてくる】     ②足幅を狭くする 膝を曲げて歩く人は、左右の足の幅が広がりやすくなり、 いわゆる「ガニ股歩き」になってしまいます。 足幅が広がると、骨盤が後ろに傾きやすくなり背骨のS字カーブも減少してしまいます。 いわゆる猫背の状態です。 また、身体の軸が歩くたびに左右にぶれるので、骨盤が安定せず常に腰に負担がかかります。 足幅を狭めて歩けば、身体の中心がとりやすくなります。 そうすれば、それを軸にして筋肉を左右対称に使いやすくなります。              【左右の足の幅を広げない】    【ガニ股になると、身体の軸が歩くたびに左右にぶれる】     ③顔を上げて前を向く ガニ股歩きの人は、背骨が曲がって猫背になり、下を向いて歩いています。 自然に下を向いてしまい、意識しないと顔を上げて前を向くという姿勢がとれないのです。 最初にあげたように、「歩きスマホ」の人はこれに当てはまりますよね! 常に顔を上げて前を向いて歩くことを心掛けましょう。            【前を向いて歩く】      【ガニ股歩きの人は猫背になりやすい】       以上の3つのポイントを踏まえて歩けば、姿勢が良くなり腰痛も出にくくなります。 また、見た目も良く美しい歩き方になります(^O^)☆ミ     ぜひみなさんも3つのポイントに注意して、姿勢良く歩いてみましょう!!          

こちら限定で何かお得な情報を発信するかも⁉フォローよろしくお願いします‼
  ↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓ https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/ ↓QRコードはこちらから↓ まごころ鍼灸整骨院 西橋本院 ☎042-772-4649  

電話予約はこちらから