湯船に浸かるメリット・デメリット

こんにちは! まごころ鍼灸整骨院西橋本です! 来週は天気も悪く雪も降るみたいですね、、 皆さんはお風呂に入るときに湯船に浸かりますか? 浸かる方、浸からない方結構分かれると思います!   今回は湯船に浸かるメリットデメリットについてお話していきます! まずは、メリットについてです! ①リラックス効果 心地よい温度のお湯につかると人間の体からリラックスするホルモンが分泌されます 湯船に浸かると体重が約10分の1になり、筋肉や関節が重力から解放されリラックス効果あります。 40度以下の湯船に浸かると副交感神経が優位になり、リラックス効果を感じらますので、ぬるめのお湯にゆっくり浸かると質の良い睡眠をとれます。(睡眠時は、副交感神経が優位な状態のため) 入浴時間は、15分程度がおすすめです。 ②血行促進、疲労回復 体が温まることで血管が広がり、酸素や栄養素が体中におくられるようになります。 よって血行促進効果があります。 また、体にたまっている老廃物や乳酸等の疲労物質が、排出されやすくなり、、肩こり、首コリ、眼の疲れ等の軽減、疲労回復効果に効果的です! ③むくみ解消 湯船に浸かると水圧がかかるので、むくみに効果的です! 同時にマッサージをするとより効果的! ④ダイエット効果 湯船に10分程浸かるだけで約80カロリー消費できるといわれている。 ランニングで80カロリー消費するには、20分前後走らなくてはならないので、結構な消費量ですね。 ⑤寝つきが良くなる 人は体の深部の体温が下がり始めると眠りに入りやすくなるようになっています。 就寝前に、湯船に浸かり体を温めておくと就寝時に体温が下がってきて良い感じに眠りに入りやすくなります。 などがあります! 次にデメリット①お金がかかる お湯を使用するために、ガスor電気代が必要。 もちろん水道代がかかります。 シャワーを浴びる時間が、30分であれば、湯船に浸かったほうが経済的。 ②時間がかかる 湯船に浸かると良い効果が出る分時間がかかってしまいます。   これがメリットとデメリットです!   後は湯船に浸かるときの注意点です。 湯船に浸かるとき、水分補給をしっかりとしてから入りましょう! 体の冷えた状態で熱い湯船に浸かることは、体には良くありません。 急な温度の変化は、血圧に影響が出る可能性があるため、冬場は、特に注意してください。 ですので、徐々に体をあっためてから、湯船に浸かりましょう。 長すぎる入浴も、逆効果。 入浴には良いことがたくさん期待できます! 痛み、コリ、冷え、むくみが気になる方はいつでもご相談ください(*^_^*) Twitterはじめました‼ こちら限定で何かお得な情報を発信するかも⁉フォローよろしくお願いします‼

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓ https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/ ↓QRコードはこちらから↓ まごころ鍼灸整骨院 西橋本院 ☎042-772-4649  

電話予約はこちらから