眠れない、、

こんにちは! まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です(*^-^*) 今日は朝から雪が降っていて、寒すぎますね(>_<)   みなさんは、夜ぐっすり眠れていますか?   僕はあまり寝れている感じがしません、、   最近は寒さでよく目が覚めてしまいます! 僕以外にもそうゆうお悩みで困ってる方もいると思います! 冬の睡眠を充実させるにはお風呂の入り方や部屋の環境をご自身で気を付ける必要があります!   ですので、不眠の方にお家で気を付けて欲しいポイントを紹介していきます(*^-^*)   1.室温の調節 冬では、リビングでエアコンやストーブを使うご家庭が多いいと思います。 では、寝室ではどうでしょう? 寝室でエアコンを使うご家庭は少ないですよね! 使わないと、室温は10℃に満たなかったりするんです、、 これでは、寒いですし、布団が暖まるまで時間がかかりますので、快適とは言えません(>_<) 睡眠に理想な温度は大体15℃~26℃ぐらいと言われています。 その為、寝室でも暖房を使うのが理想です! 注意点 1.暖房器具は空気を乾燥させやすいものが多いです。 特に冬は乾燥しやすい季節でもありますので、乾燥は美容にも良くありませんし、なによりノドが乾燥してしまうと、風邪やインフルエンザを発症しやすくなります。加湿器なので、湿度も保ちましょう! 2.睡眠中、高い温度で暖房を使い続けると、健康にも家計にも良くないので気を付けてください!   2.お風呂はぬるめでゆっくりつかる 私たちの体は睡眠する前に、体温が上がっていき、体の表面から放熱されて、体温が下がることで眠気が出ます。 しかし、冬は寒いので、血の巡りが悪くなりやすく、体温の調節が難しいため、不眠になりやすいのです。 そのためにお風呂に入り、体を温めてあげることで、眠気に深く関係する深部体温が下がりやすくなり、睡眠の質を高めることに繋がります。 ここで睡眠に良いお風呂の入り方のポイント! 1.シャワー・お風呂の温度は40℃前後 2.シャワーだけではなくお湯につかる 3.お風呂につかる時間は10~30分 4.特にシャワーやお風呂の温度には気をつけましょう。 注意点 寒いからといって、熱すぎるお湯や、長すぎるお風呂は、逆に睡眠の質を下げてしまいます。 お風呂で、スマホ、読書、、テレビを見る方もリラックスはできるかもしれませんが睡眠にはあまり良くないので気を付けてください! 当院では、不眠にお困りの方に対してお灸治療の不眠解消コースもご用意しております! 不眠解消コース以外にも多数のコースがあります! 不眠やお身体でお困りの方はぜひ、ご相談ください(*^-^*) Twitterはじめました‼ こちら限定で何かお得な情報を発信するかも⁉フォローよろしくお願いします‼

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓ https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/ ↓QRコードはこちらから↓ まごころ鍼灸整骨院 西橋本院 ☎042-772-4649  

電話予約はこちらから